outlier

建築士、プログラミング、ライフハック、etc.

災害時に役立つヘルメットと手動充電器

このところ、関西を中心とする台風による被害と、北海道の地震被害が立て続けに発生しました。

便利そうな防災グッズを調べてみました。

ヘルメットはやはり重要

ヘルメットは日常生活で使うことがないので、わざわざ買うべきかどうか悩む人もいると思います。そんな人は、まずこちらの動画を見て頂きたい。

www.youtube.com

 

ヘルメットがあるだけで、頭上からの落下物が当たったときの衝撃をかなり和らげることができます。動画にもあるように、ヘルメット無しの場合、マネキンの頭にかぶせた植木鉢(陶器)は粉々に割れてしまっています。実際の人間でいうと、頭がい骨が割れてしまうという状況です。

 

防災用のヘルメットは調べれば色々と出てきます。自宅用だと、枕元に置いても邪魔にならない折りたたみ式のものが便利かと思います。

 

 

手動充電器はスマホ用を想定する

防災グッズといえば、以前は手回し充電器付きラジオを準備することが多かったかもしれません。しかし、今どきラジオを持っていてもあまり役には立たなさそうです。むしろ、スマートフォンの電池をいかにキープするかのほうが重要でしょう。

 

手回し用の充電器も、最近はスマホ対応のものが多い販売されています。買うときのポイントとしては、

  • 様々な種類の端子に対応していること(iPhone用、Android用など、機種によらず使えること)
  • ライトもついていること
  • できるだけ軽くてコンパクトなもの

といった条件に気を付けるとよさそうです。

 

 

スマホの地図はオフラインで使えるようにしておく

災害時には通信が途絶える可能性があるので、スマホでグーグルマップと使って避難所までのルートを調べるのは難しいかと思います。そんなときのために、グーグルマップなどはオフラインで使えるように、事前にダウンロードをしておくとよさそうです。

support.google.com

 

場所によってはオフライン用の地図をダウンロードできない地域もあるようなので、オフラインで使える別の地図アプリを用意しておくのも良いかもしれません。