outlier

建築士、プログラミング、ライフハック、etc.

就活生こそ、転職サイトを活用すべき理由

8月に入り、企業のインターンに参加している大学生も多いことでしょう。企業側も、昨今の人手不足もあり、優秀な学生を早めに囲い込みたいと必死であり、インターンは実質的な選考活動になっている面も大いにあります。

学生側からすると、インターンは会社の雰囲気を知る機会ではありますが、実際のところ、本当にその会社で働くイメージが沸くかというと、難しいと思います。

そこで、新卒採用を控える就活生こそ、ぜひ転職サイトを活用してほしいと思います。

インターンをやる側の気持ち

企業側からすると、インターンとは学生を社内に受け入れて業務の紹介や体験をさせることになります。実際に学生の対応をするのは、人事部門ではなく、各事業部門の社員たちです。私もインターン学生の対応を何度もやりましたが、はっきり言って、面倒くさいと言わざるを得ません。多くの場合、インターンの対応は若手社員に割り振られますが、そもそも本業で忙しいうえに、学生の相手なんてやってやれない、ということも多々あると思います。

 

そんなわけで、社員側の対応としては、

  • 学生の相手は最小限にとどめ、適当にあしらう
  • 会社のことをあれこれ聞かれても、面倒くさいので、聞こえの良いことを適当に言っておく

といった感じになるかと思います。

会社の実情は、入らないとわからない

インターンの対応をする社員は、学生から色々なことを聞かれると思われます。当然ですが、企業側も、それに対してどのように答えるか、ある程度の想定QAを作っています。当然、あまりにネガティブな内容は(実態がそうであったとしても)学生には言わないように、事前に人事から言われているのです。

 

社会人経験のない学生にとって、そもそも会社というのはどういうところなのか、正しい情報を入手するのはなかなか困難と言えます。

転職サイトを活用すべき理由

ということで、僕が一番おすすめな方法は、転職サイトを活用すること。特に、転職者を対象にした口コミサイトでは、実際にその会社で働いた人からみた会社のイメージが書かれています。中からみた情報なので、就活生が持っている表面上のイメージよりも実態に近いでしょう。

また、できれば既に退職した人が書いた口コミを見ていくと良いと思います。一旦退職し、別の会社に転職することで、前の会社が世間一般と比べてどうなのか、より客観的にとらえることができるからです。

おすすめの転職サイトはこちら

僕が実際に転職活動をした時には、以下のサイトを見ていました。就活生の人は登録できないかもしれないので、家族などに変わりに登録してもらい、情報収集するのも良いかもしれない。

 

www.r-agent.com

 

社員口コミサイト Vorkers

https://www.vorkers.com/

 

jobtalk.jp