outlier

建築士、プログラミング、ライフハック、etc.

転職するのに適性試験は必要か

こんばんは。

 

転職活動では、書類審査と複数面接を行うことが一般的ですが、たまに「適性試験」というものが必要となることがあります*1。これは本当に必要なのでしょうか。簡単に考察するとともに、どうやって対策するかを整理してみます。

適性試験とはどんなものか?

適性試験とは、面接では判断できない応募者の能力を測るものとして実施されます。SPI、CAB、GAB、玉手箱といったものがあります。出題内容としては言語分野(要は国語)、非言語分野(簡単な算数、表計算、暗号解読など)、一般常識などがあり、知識・情報処理能力・論理的思考力などを測るようです。短時間で多くの問題を解いていく必要があり、普段から練習していないとなかなか最後までたどり着くのも難しいかと思います。また、クレペリン検査のような性格を測るもののあります。

基本的には、募集職種に必要な能力を判断するというよりも、応募者のポテンシャルを測るような試験ではないかと思います。

転職に必要?

このようなポテンシャルを測る適性試験ですが、新卒採用では多くの企業で導入されているように思います。新卒の学生の場合、業務実績などの判断材料がありませんから、単にポテンシャルで応募者をスクリーニングするというのは、理にかなっているかと思います。

しかし、(第二新卒などを除いて)転職での採用の場合、このような適性試験って必要なのでしょうか。

企業側からすると、性格試験の結果を、採用予定部署になじめるかどうかといった観点でみることがあるようです。また、転職活動の場合、ある程度社会人経験を積んだ候補者との面接のため、ある種の面接慣れのようなものがあり、面接だけでは応募者の実力を見抜けない、ということもあるのかもしれません。あくまで面接や過去の実績が優先されるようですが、その印象と適性試験の結果に乖離がないかどうかがポイントなのでしょう。

対策するならこれが便利

そんな適性試験ですが、しっかり対策をしましょう。以下のようなものが参考になります。

 

書籍でおすすめなのはこちら。

3日で完成!  転職者のためのSPI&玉手箱対策【改訂版】

3日で完成! 転職者のためのSPI&玉手箱対策【改訂版】

 

 新卒学生向けの本はたくさんありますが、こちらは転職者をターゲットにしていて、3日で一通り対策ができるというもの。忙しいサラリーマンが対策するにはお勧めです。

 

続いて、WEBでテスト対策ができるというのがこちらのサイト。

webtest.jp

会員登録をすると、無料でテストを受けることができます。

 

最後に、SPIに特化したWEBサイト。

saisokuspi.com

出題されるのがSPIをわかっているのであればこちらがよいでしょう。

 

ということで、適性試験についてでした。

*1:新卒採用だと多くの場合適性試験があるようです。