outlier

建築士、プログラミング、ライフハック、etc.

英語勉強法 瞬間英作文

こんばんは。

 

学生の頃から英語をたくさん勉強してきて、それなりに得意ではあったのですが、一向に喋れるようにはなりません。同じような境遇の方、たくさんいるかと思います。

ということで、最近試している英会話の練習方法を紹介します。

 

 

瞬間英作文

瞬間英作文というのは、簡単な文章をとにかく瞬間的に英語にしていくというものです。実は、通常の日常会話のほとんどは、中学生レベルの英文法・英単語で成り立っているのですが、それを会話のスピードですぐにアウトプットすることが難しい。そこで、中学生レベルの短い英文を繰り返し練習し、反射的に英語が出てくるようにする、というのがこの瞬間英作文のポイントです。

ある程度のリーディング・ライティングはできるのに、話すのがどうしてもできないという人にはとてもおすすめの勉強法です。

 

おすすめの教材①

まずは、瞬間英作文のテキストを一読しましょう。例えばこちら。

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

 

この本は、中学1年生~中学3年生のレベルの英文を繰り返し練習し、反射的に英文が出てくるようになることを目指してます。個々の英文はとても簡単で、例えば「That is his bag.」(あれは彼のかばんです)といったレベルの英文がたくさん出てきます。

読むだけなら、斜め読みしながらすらすら読め飛ばせますが、ここは1文ずつ確実に日本語→英語に変換していくという作業をやっていきます。これを繰り返しやることで、英語を読むというインプットから、英文を作るというアウトプットに頭が慣れてきます。 

 

おすすめの教材②

次におススメなのがこちらのアプリ。

瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Reply

瞬間英作文/英会話練習アプリ An Instant Reply

  • Patent Data Center, Inc.
  • 教育
  • 無料

 

こちらも上で紹介した書籍と同じような内容ですが、アプリを使うメリットとしては、自動で音声の読み上げてくれたり、再生速度を変えることができる点が挙げられます。また、このアプリでは画面上に日本語の文章が表示されますが、慣れてきたら、画面の文章を見ないで、読み上げられた文章をそのまま英語にして発音する、という練習をしてみると良いと思います。というのは、実際の会話の場合は、「話したい内容を完全な日本語の文章にしてからそれを英訳する」というわけではなく、「ある程度の話す内容を考えて、あと話しながら英文を作っていく」ということになると思いますので、できれば文字情報を見ないほうがよりリアルな英会話に近づくのです。

 

ある程度練習したら、実践の場へ

ということで、英会話の勉強法として瞬間英作文を紹介しました。僕も少し前からやってみましたが、いわゆる座学ばっかりやっていた学生時代よりも、はるかに話せるようになったと思います。

ある程度話せるようになったら、あとは実践を積み重ねることが重要となりますので、英会話カフェなどに通って経験値をあげていきましょう。

 

(補足)英文法の復習は先にやっておきたい

瞬間英作文は基本的には簡単な英文しか使いませんが、やはり基本的な文法は理解しておきたいところです。特に、文型と時制は重要ですので、先に復習しておきましょう。

英文法については、大学受験生向けのテキストが良いと思います。例えばこちら。

 

基礎英文法問題精講 3訂版

基礎英文法問題精講 3訂版

 

 

 

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)

全解説頻出英文法・語法問題1000 (大学受験スーパーゼミ)