outlier

建築士、プログラミング、ライフハック、etc.

ワイヤレスイヤホン Totemoi S2 を買ってみた

こんばんは。

 

移動中はほぼ音楽を聴いているのですが、イヤホンが断線してダメになることが多く困っておりました。そんなわけで、最近ワイヤレスイヤホンに乗り換えたところです。

ということで、今回は、先日買ったワイヤレスイヤホンのレビューと、ワイヤレスイヤホンを買う時の注意点を紹介します。

 

 [: contents]

 

一番のポイントは価格

今回買ったのはこちらのイヤホンTotemoi S2。Bluetooth対応ワイヤレスイヤホンとしては低価格な部類になり、僕が買ったときは3,999円でした。

 

 

  

特徴・使い勝手

ケーブルがあるのが嫌だったので、完全ワイヤレスタイプのものを購入しました。

充電器も含めて、長さ10㎝程度であり、アイコスと同じくらいだと思われます。持ち運びにも便利です。また、充電器の部分は、USB端子がついており、モバイルバッテリーの機能も有しています。容量は大きくありませんが、緊急時に役立つかもしれません。

 

音質

ワイヤレスになったため、ケーブルの擦れなどによるノイズから完全に解放されます。よって、音質は従来よりも各段に良いです。

 

フォット感

耳へのフィット感は若干物足りないかな?とも思います。歩いている途中に取れそうになることがたまにあります。なので、走ったり運動したりする人には不向きかもしれません。そういう人は、ケーブルありのものを選ぶか、耳にかけるフック付きのものを選ぶのが良いと思います。

一方、余計なものを極力排除した設計となっているんで、軽さを求める人にとっては最適かと思います。

 

ペアリングが難しい

コンパクトなデザインを優先したためか、操作性にちょっと戸惑う部分があります。特に、はじめのうちはペアリングするのにちょっと苦労するかもしれません。

ペアリングの方法は大まかに書くと以下の通りです。

  1. 両方のイヤホンのボタンを、ランプが青点滅になるまで同時に長押しする。
  2. すばらくすると青点滅に戻ります(これで左右のペアリング完了)
  3. 右のイヤホンを、ランプが赤・青の交互点滅になるまで短く押す。
  4. スマホなどのBluetoothをオンにして、デバイス名のところに出てくる”S2”を選択する。(これでスマホとのペアリング完了)

このように書くと単純ですが、実際やってみるとなかなかうまくいきません。何が難しいかというと、このボタンの操作は”長押し”と”短め押し”の両方の操作があるのですが、どうもその違いがうまく認識されず、一回押ししたつもりが長押しになってしまったりしまい、上記ステップ3で長押しと認識され、電源オフになってしまったりします。。また、両耳で聞く場合、いったん左右のイヤホン同士をペアリングし、その後右耳イヤホンをスマホなどとペアリングするという手順を踏みますので、かなりややこしい印象です。

 

なお、ペアリングの方法はこちらの動画が参考になります。

www.youtube.com

(こちらの動画でも、ペアリングに少し時間がかかっていますね)

 

 

次買うなら

今回は初のワイヤレスイヤホンということで、まずは価格が安いという条件で選んだので、基本的には満足しております。が、使っていくうちに色々とポイントがわかってきましたので、次買うときは、

  • もう少し電池の持ちがよいもの
  • 音量とか再生/停止/曲送りがイヤホン操作でできるもの
  • 耳フックがあるもの

という条件で探してみようかと思います。