outlier

建築士、プログラミング、ライフハック、etc.

macOS catalina Update によるAnacondaの再インストール

台風の影響で家に引きこもるしかなかったので、その間にmacOS catalina へのアップデートを行ったところ、Anacondaが使えなくなった。色々調べた結果、再インストールすることになったので、手順を残しておく。 Anacondaの再インストール Acacondaの公式サイ…

【書評】お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

久しぶりに読んだお金関連の本。橘玲氏の本はいくつか読んだが、いつもとてもわかり易い文章であり、その点だけでも読む価値があるように感じる。 新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ (幻冬舎文庫) 作者: 橘玲 出版社/メーカー: …

(1級建築士)構造計算ルート

構造計算は、建物の規模に応じて様々な方法があります。どのような方法で構造計算を行うかを「構造計算ルート」といいます。構造種別によって違いがあるのですが、まずはその概要を整理します。 3つのルートによる構造計算 ルート1:許容応力度計算 ルート…

(1級建築士)保有水平耐力計算に使う形状係数

建物のバランスを表す指標として、剛性率と偏心率というものがあります。剛性率が大きいほど、また偏心率が小さいほどバランスの良い建物と言えます。 一方、バランスの悪い建物でも、それを考慮して必要な耐力を確保していることを検証するという方法もあり…

(1級建築士)建物の水平方向のバランスを表す「偏心率」

建物の高さ方向の揺れを表す剛性率に対して、水平方向をバランスを表すのは「偏心率」を使います。 偏心率とは? 偏心率は、建物の水平方向を表す指標で、以下の式で定義されます。 Re = e / re ここで、Reは各階の偏心率、eは各階における重心と剛心の距離…

(1級建築士)建物の高さ方向のバランスを表す剛性率

建物の耐震性を考えるうえで、建物の”バランス”は重要です。構造設計の世界では「剛性率」と「偏心率」というもので建物のバランスを表します。今回はそのうち剛性率について解説します。 剛性率とは? 剛性率とは、「建物の高さ方向のバランス」を表すもの…

(1級建築士)新たな用途地域「田園住居地域」とは?

用途地域は建築士試験の法規の分野で毎年出題される項目です。その中でも、最近新たに追加された田園住居地域について整理します。 田園住居地域とは? 田園住居地域とは、平成30年4月より新たに追加された住居系の用途地域です。住居系用途地域には、従来か…